製品紹介ナットウキナーゼHTNK-J

伝統食品「納豆」の有用成分を使いやすい粉末に

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼは、納豆菌が産生する酵素です。血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ、分解(溶解)する作用などが注目されています。

 

ナットウキナーゼHTNK-Jとは

ナットウキナーゼを含有する納豆菌培養エキス粉末です。
日本国内で製造しており、サプリメントの原材料としてご使用いただけます。

ナットウキナーゼHTNK-Jの特長

納豆が苦手な方でも手軽に摂取できるサプリメントなどに適したナットウキナーゼHTNK-Jを含有する納豆菌培養エキス粉末です。
サプリメントなどに適した納豆菌培養エキス粉末です。
  • ナットウキナーゼ
    活性を有する
  • 遺伝子組み換え
    原料不使用
  • 動物性原料
    不使用
  • 納豆臭の低減
  • ビタミンK2を
    除去
  • 国産

フィブリン溶解

血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ溶解します。

フィブリン平板法によるフィブリン溶解試験

各濃度のナットウキナーゼHTNK-Jをフィブリン平板の中央に滴下した様子。
濃度が高い方が、フィブリンを溶解していることが分かります。
▶ナットウキナーゼ血栓溶解のメカニズム
▶ナットウキナーゼのアミノ酸配列
H2N-Ala-Gln-Ser-Val-Pro-Tyr-Gly-Ile-Ser-Gln-Ile-Lys-Ala-Pro-Ala-Leu-His-Ser-Gln-Gly-Tyr-Thr-Gly-Ser-Asn-Val-Lys-Val-Ala-Val-Ile-Asp-Ser-Gly-Ile-Asp-Ser-Ser-His-Pro-Asp-Leu-Asn-Val-Arg-Gly-Gly-Ala-Ser-Phe-Val-Pro-Ser-Glu-Thr-Asn-Pro-Tyr-Gln-Asp-Gly-Ser-Ser-His-Gly-Thr-His-Val-Ala-Gly-Thr-Ile-Ala-Ala-Leu-Asn-Asn-Ser-Ile-Gly-Val-Leu-Gly-Val-Ala-Pro-Ser-Ala-Ser-Leu-Tyr-Ala-Val-Lys-Val-Leu-Asp-Ser-Thr-Gly-Ser-Gly-Gln-Tyr-Ser-Trp-Ile-Ile-Asn-Gly-Ile-Glu-Trp-Ala-Ile-Ser-Asn-Asn-Met-Asp-Val-Ile-Asn-Met-Ser-Leu-Gly-Gly-Pro-Thr-Gly-Ser-Thr-Ala-Leu-Lys-Thr-Val-Val-Asp-Lys-Ala-Val-Ser-Ser-Gly-Ile-Val-Val-Ala-Ala-Ala-Ala-Gly-Asn-Glu-Gly-Ser-Ser-Gly-Ser-Thr-Ser-Thr-Val-Gly-Thr-Pro-Ala-Lys-Tyr-Pro-Ser-Thr-Ile-Ala-Val-Gly-Ala-Val-Asn-Ser-Ser-Asn-Gln-Arg-Ala-Ser-Phe-Ser-Ser-Val-Gly-Ser-Glu-Leu-Asp-Val-Met-Ala-Pro-Gly-Val-Ser-Ile-Gln-Ser-Thr-Leu-Pro-Gly-Gly-Thr-Tyr-Gly-Ala-Tyr-Asn-Gly-Thr-Ser-Met-Ala-Thr-Pro-His-Val-Ala-Gly-Ala-Ala-Ala-Leu-Ile-Leu-Ser-Lys-His-Pro-Thr-Trp-Thr-Asn-Ala-Gln-Val-Arg-Asp-Arg-Leu-Glu-Ser-Thr-Ala-Thr-Tyr-Leu-Gly-Asn-Ser-Phe-Tyr-Tyr-Gly-Lys-Gly-Leu-Ile-Asn-Val-Gln-Ala-Ala-Ala-Gln-COOH

安全性試験

各種安全性試験を実施し安全性を確認
  • ラットへの
    経口投与
  • 細菌を用いた
    復帰突然変異試験
  • 哺乳類培養細胞
    を用いた
    染色体異常試験

ナットウキナーゼHTNK-Jの製品規格値

▶製品規格
・ナットウキナーゼ活性 20,000FU/g 以上
・乾燥減量 10%以下
・重金属(Pb として) 40ppm 以下
・ヒ素(As2O3 として) 4ppm 以下
・一般生菌数 3,000 個/g 以下
・大腸菌群 陰性
▶1日摂取目安量
100mg(2000FU)を目安に摂取してください

ナットウキナーゼの機能

▶ナットウキナーゼ投与前後の血管造影

血栓症の動物モデルにナットウキナーゼを経口投与しました。その結果、投与後5時間で完全な再開通が確認されました。

ナットウキナーゼ投与前後の血管造影
ナットウキナーゼHTNK-J投与前後の血管造影
▶ナットウキナーゼ投与後の血液マーカーの変化

健常成人に納豆から抽出したナットウキナーゼを経口投与しました。その結果、フィブリン分解能(EPA)、フィブリン分解産物(FDP)、組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)が高まっていることが分かります。

ナットウキナーゼ投与後の血栓溶解の変化
ナットウキナーゼHTNK-J投与後の血栓溶解の変化

ページトップへ