シリーズ一覧ポリリンサン

ポリリンサン製品紹介へ▶

品名 特性 用途 使用法
ポリリンサン1-A pH 6.6~7.0(1+100) 食品一般用 佃煮類、漬物、清涼飲料水、缶詰、調味料、 麩等の品質改良。
ポリリンサン1-B pH 6.6~7.0(1+100) 味噌用 味噌の変色防止、色調向上、塩なれ。
仕込み大豆重量の0.1~0.2%量を仕込み時に種水に添加、溶解して使用する。
ポリリンサン1-C pH 7.1~7.9(1+100) 豆腐用 豆腐の風味、歩留り向上。外観の向上。
原料用水、挽き水、釜水の処理、加工。
使用大豆重量の0.25~0.4%量を挽き呉、挽き水、または釜水に撹拌混合する。
ポリリンサン1-D pH 9.2~9.6(1+100) 冷菓用 アイスクリーム類の硬さの調節、オーバーランの増大。
全量に対し0.1~0.15%量を添加する。
ポリリンサン1-F pH 1.7~2.4(1+100) 食品一般用 酸性の強い食品(味噌、しょう油、漬物、珍味等)の変色、退色防止、品質向上、pHの調整等。
製品の0.01~0.2%に相当する量を水に溶解して使用する。
ポリリンサン1-G pH 1.5~2.0(1+100)
ポリリンサン2-A pH 8.5~9.3(1+100) 食品一般用 魚肉練り製品及び食肉練り製品の変色防止、変質防止、保水性、結着性の増大。香辛料、
調味料の分散効果及び浸透性の向上等。
塩漬時に、出来上がり製品に対して約0.5%添加する。
ポリリンサン2-B pH 9.2~9.6(1+100) 食品一般用
ポリリンサン2-D pH 9.8~10.3(1+100) 食品一般用 冷凍すり身の保水性の増加、肉の硬化抑制、たん白変性防止。
冷凍すり身のらい潰時に原料肉に対し0.3~0.5%添加する。
ポリリンサン2-DK
ポリリンサン3 pH 6.3~7.3(1+100) 麺類用 ゆで麺、生麺類、そば等の歩留り向上に、小麦粉の約0.1~0.15%量をこね水に溶解して使用する。
ポリリンサン5-A
(ポリリン酸ナトリウム)
pH 9.4~10.0(1+100) 食品一般用 色調改善、乳化、分散、弾力性、保水性、組織の改良等を目的とし、各種の食品加工に使用する。
ポリリンサン5-B
(メタリン酸ナトリウム)
pH 6.4~6.8(1+100) 食品一般用
ポリリンサン5-C
(ピロリン酸四ナトリウム)
pH 10.0~10.4(1+100) 食品一般用
ポリリンサン特-1
煮豆用
複合製剤
pH 1.7~2.4(1+100) 食品一般用 煮豆の煮熟を促進させるため、本品の0.5%溶液に一晩程度浸漬する。
BC-10N
チーズ用
複合製剤
pH 8.5~9.5(1+100) 食品一般用 プロセスチーズの製造に粉末のまま又は溶解して使用する。
添加量:2~3%
リン酸
一ナトリウム
(無水)
pH 4.3~4.9(1+100) 食品一般用 色調改善、乳化、分散、弾力性、保水性、組織の改良等を目的とし、各種の食品加工に使用する。
リン酸
二ナトリウム
(無水)
pH 9.0~9.4(1+100) 食品一般用
リン酸
三ナトリウム
(無水)
pH 11.5~12.5(1+100) 食品一般用
リン酸
一カリウム
pH 4.4~4.9(1+100) 食品一般用
リン酸
二カリウム
pH 8.7~9.3(1+100) 食品一般用
酸性ピロリン酸
ナトリウム
白色の結晶性粉末
pH 3.8~4.5(1+100)
食品一般用 ベーキングパウダー、その他各種食品の品質改良。
注)ベーキングパウダーに使用の場合は、添加物製剤としての表示が必要となります。
ピロリン酸カリウム pH 10.0~10.7(1+100) 食品一般用 色調改善、乳化、分散、弾力性、保水性、組織の改良等を目的とし、各種の食品加工に使用する。
ピロリン酸第二鉄
(微粉)
黄~黄褐色の粉末 食品一般用 各種食品の鉄分強化に使用する。
ポリリン酸カリウム pH 8.9~9.5(1+100) 食品一般用 色調改善、乳化、分散、弾力性、保水性、組織の改良等を目的とし、各種の食品加工に使用する。
オルバッファー®H
pH調整剤製剤
透明な液体
pH 1.5~2.2(2+100)
食品一般用 pH2~4の範囲に特に強い緩衝力をもち、酸性の強い食品(漬物、佃煮、煮豆、惣菜類)のpH調整による変色、
退色防止、品質向上等に0.1~0.2%添加する。
ゆで麺の浸漬水、ゆで湯に対して0.2%~1.0%添加する。
純良燐酸
リン酸製剤
無色無臭のシロップ状液体 食品一般用 醸造時の酒母、もろみの育成、醗酵の助成。
酸度1度増すのに100L当たり約106ml使用する。
重燐酸石灰 無~白色の結晶
又は白色の粉末
食品一般用 醸造時の酵母の発酵助成。硬度増加。変調もろみ1000kgに対し400~700g。
カルシウム10mg/L増加するために水1kL当たり63g使用する。注)使用基準あり
重燐酸カリ 無色の結晶
又は白色の結晶性の粉末
食品一般用 醸造時の酵母の発酵助成、pH調整や調味目的。
発酵助成には180L当たり37.5~70g使用する。

【参考】
プロセスチーズ、チーズフード及びプロセスチーズ加工品については、以下の製品を『乳化剤』と表示できます。
ポリリンサン5-A、5-B、5-C、リン酸 一ナトリウム(無水)、リン酸二ナトリウム(無水)、
リン酸三ナトリウム(無水)、リン酸 一カリウム、リン酸二カリウム、ポリリン酸カリウム、ピロリン酸カリウム、
酸性ピロリン酸ナトリウム。

ページトップへ